• 1. データセット
      2. 分野
      3. 気候・影響指標
      4. 気候モデル
      5. 排出シナリオ
      6. 対象期間
      7. 透過度 %
      • 「1. データセット」は「S8データ」「気象庁第9巻データ」 の2つから構成されます。
      • 「2. 分野」は「気候」「農業」「水環境」「自然生態系」「自然災害」「健康」 の5つから構成されます。
      • 「3. 気候・影響指標」では、「2. 分野」で選択された分野における具体的な(マップで表示される) 気候・影響指標を選択します。
      • 「4. 気候モデル」では、4つの気候モデル(MIROC5、MRI-CGCM3.0、GFDL CM3、HadGEM2-ES) から選択します(「S8データ」のみ)。気候モデルの詳細につきましては「ご利用の手引き」をご覧下さい。
      • 「5. 排出シナリオ」では3つの排出シナリオ(RCP 2.6、RCP 4.5、RCP 8.5)から選択します(「S8データ」のみ)。排出シナリオの詳細につきましては「ご利用の手引き」をご覧下さい。
      • 「6. 対象期間」では「現在」「21世紀半ば」「21世紀末」 から選択します(「S8データ」のみ)。それぞれの期間の定義につきましては「ご利用の手引き」をご覧下さい。
      • 「7. 透過度」では表示されるマップの透過度を設定することが可能です。
    • 1. 参照情報
      2. 透過度 %
      表示 非表示
      3. 背景地図
      4. 都道府県抽出 はい いいえ
      • 「1. 参照情報」では、「色別標高図」を参照レイヤーとして選択できます。
      • 「2. 透過度」では、参照情報のレイヤーの透過度を設定することが可能です。
      • 「3. 背景地図」では、「白地図」「標準地図」「写真」「なし」から、背景に表示する地図を選択できます。
      • 「4. 都道府県抽出」で「はい」を選ぶことで、特定の都道府県の領域のみ気候・影響指標データを表示できます。「設定」ボタンを押すことで、抽出対象の都道府県を指定することができます。

      備考

      画面分割:   位置を同期
    • 1. データセット
      2. 分野
      3. 気候・影響指標
      3. 地点
      • 「1. データセット」は「S8データ」のみ選択可能です。
      • 「2. 分野」は「気候」「農業」「水環境」「自然生態系」「自然災害」「健康」 の5つから構成されます。
      • 「3. 気候・影響指標」では「2. 分野」で選択された分野における具体的な(グラフで表示される)気候・影響指標を選択します。
      • なお、グラフは「現在(1981-2000)」「21世紀半ば(2031-2050)」「21世紀末(2081-2100)」の3つの期間における値を排出シナリオ別、気候モデル別に表示します。

      備考

カラーバーの変更

カラーバーの簡易設定

虹色 黒から白 白から黒
(16 以下)

都道府県抽出 設定

北海道
青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川
新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山
鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄